h1激しく振動している水・パイウォーター

パイウォーターのお店
製品紹介 パイウォーターとは 定期発行 販売店紹介 ご購入ガイド
HOME > パイウォーターとは?
パイウォーターとは?

index パイウォーターとは?

淡水魚と海水魚が同じ水槽の中で泳いでいる不思議な写真をご覧になったことがあると思います。
あの水槽の水には「パイウォーター(πウォーター)」が利用されていました。

パイウォーターは、これまで、農業分野、食品分野、水産分野などを中心に幅広く活用されてきました。 現在では、飲料水、化粧品、美容液など、パイウォーターの応用の幅がいっそう広がっています。

▼ 激しく振動している水

パイウォーター(πウォーター)は、「激しく振動している水(水素が高速で交換運動をしている水)」です。
ご存知のように、水は、水分子(H2O)から出来ています。 水分子(H2O)は、お互いに水素原子を常に交換しています。 水素原子の交換速度の速い水は、「活きた水」、すなわち健康に良い水とされています。 パイウォーターは、この水素原子の交換速度が速いという特長があります。
パイウォーターは、ある意味で、激しく振動している水といえます。

〔水素原子の交換速度を示すNMR(核磁気共鳴)スペクトルの半値巾〕
NMR(核磁気共鳴)スペクトルの半値巾
半値巾 水道水(愛知県幡豆町) 128ヘルツ
パイウォーター(水道水をIBEテクノ社浄水器に通したもの) 53ヘルツ

※図、計測値はIBEテクノのサイトより引用

▼ パイウォーターの発見

「パイウォーター」の命名者は山下昭治博士です。パイウォーターは、約40年前、名古屋大学農学部の故五島善秋教授、山下昭治博士らによる植物生理研究の過程で発見されました。山下博士によると、通常の水道水の中では、高分子物質は分解されて低分子物質になっていくのに対し、生体水の中では、低分子物質が高分子になっていきます。すなわち、水の物性そのものが、普通の水道水とは全く違った形で生命現象を引き出しているということです。
Copyright (C) 2007 UIアカデミー, All rights reserved.
HOMEお問い合わせサイトマップ